2007/04/15

桂文我の“本屋で落語”第1回

青山ブックセンターにて「桂文我の“本屋で落語” 江戸の粋(いき) 上方の粋(すい)【第1部】 」へ。


この落語会は、桂文我と東京の落語家があるテーマに沿った演目を演じ、堪能するという趣旨のもので、今回が第1回。進行は金原瑞人。
定員が120名である小さな落語会。マイクなしで聞き取れ、間近に実力者の落語に触れられる贅沢な時間だ。
第1回の第1部ということで、構成があやふやなところもあったが、フラッと噺を始めるのは、とても清清しかった。
また客層も落ち着いていて、良く笑っていた。

演目は以下のとおり。

桂ひろば『大安売り』

柳亭市馬『長屋の花見』
 初めて噺を聴く(観る)。とても落ち着いて感じで話すのだけれど、気が付いたら滑稽な馬鹿馬鹿しい会話を展開していた。ツッコミ(大家の言葉)が半ばあきれた、しかし温かみのある話しぶりが好きだ。「東京の落語」を感じた。文我が「骨太の落語」と称していたが、筋の通った端正な言葉ぶりからそれを感じた。

桂文我『百年目』
 数年前に桂米朝の歌舞伎座の落語会を(テレビで)観たときに知った演目。米朝から直接稽古をつけてもらったとの事で、当然似ているのだけれども、若さからか、勢いがある。番頭の目まぐるしく変わる感情を楽しく表現していた。驚いたり、恐縮する姿は見ものだ。ストーリーも、花見の下で陽気に騒いだり、檀那の話でしみじみしたりと何度聴いてもこの噺はいい。


2時間ノンストップだったので結構見ごたえがあった。まず、文我と市馬と金原でフリートークを30分ほどして、落語を3席して、最後に会場の質問に答えるという構成。中入りがあっても良かったのではないかと思うほど密度が濃かった。フリートークは若手がしそうな取るに足らないプライベート馬鹿話では決してなく、非常に興味深い楽屋話で笑い、そして唸った。

特に二人に共通していたのが、落語への情熱の深さだ。その表現の仕方はまるで違うが、お互いの藝を認め合っていることが察することが出来た。二人の師匠が落語の真髄を究めていった人気と実力を兼ね備えた名人であるから、その藝が伝承されているのでは、とまで考えてしまった。

とりあえず、文我の落語「通」入門を買ってしまった。
気が向いたらまた行こう。

Honya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/13

タイタンライブ 10.12

タイタンライブ
10/12 時事通信ホールにて。

全席自由でイス。ソミドホールより楽、キレイ。

出演者と一言。

5番6番
 爆笑問題と同じく時事漫才。トップランナーだからか、盛り上がらずに終了。前観たときはオモロかったのに。
 
瞬間メタル
 ワタクシには痛い。笑えず。ウケナイことをネタに自虐的なアドリブを入れるという舞台の(ワタクシの中では)タブーをする。まだまだ。大声出してるから、自分の中で満足してるかも。

ゴー☆ジャス
 イヤな賑やかし。

ヤングパニック
 ネタの運び、選びが上手い。ボケがオーソドックスでいい。今は笑いが少ないが続ければ笑える。

弾丸ジャンキー(?)
 自衛隊と体操選手が組んだコント。流れが無い。バラバラ。自衛隊と体操選手が全く絡んでない。ここでもタブーが出る。タブーでウケた気になってどうする。
 
ほたるゲンジ
 元北京ゲンジの無法松が新たに組んだコンビ。キャリアを感じる。笑わせる。オチに向かって盛り上げるのはキャリアの差か。個人的にはメロディを文章にしたネタが好き。ツッコミの叩きが見た目に痛いのがキズか。

キャン×キャン
 今回の大収穫。オモロオモロ。この日一番オモロかったかも。歌を織り交ぜながら、盛り上げていくのを観ていると気持ちよく、楽しい。沖縄ネタに絞っているのにイヤらしくない。ここまでオモロイとは。M-1決勝いけるんちゃうの。

パペットマペット
 ネタがしっとりしすぎて爆笑にはならず。盛り上がりが無かった。

パックンマックン
 悪い意味でテレビ慣れ。間は繋げられるんだけど、面白くない。漫才からそろそろ卒業か?冷静に見ると、パはハーバード出て外国でボケてるんだわ。

長井秀和
 下ネタが多いせいか、引き気味の空気であまり笑いは取れず。悔しかったんだろうな、はけるときにお辞儀をせずに帰ってた。ウラで今日の客は悪いとか言ってるんじゃないだろうか。自信はあるのにね。自分がオモロイことは他人がオモロイとは限らないのだな。

デンジャラス
 コント。ベタな設定とオチだが、笑いを確実に取る。ベテランだな。キャリアは確実に現れる。

BOOMER
 いつもの紙芝居コント。ベタなコントでも笑う。やっぱりベテラン。

爆笑問題
 トリ、メイン登場。ネタ構成としては、
ハンカチ王子、駒苫田中、安倍内閣発足、アナウンサー不祥事、植草、代理母。
ネタに深みが足らず、期待し過ぎのせいか、思ったよりも笑えず。調子は良さそうだったけど、熱量は多くは無かった。毎週カーボーイを聴いているせいか、ラジオで聴いたネタもあったからかも。それでも笑いのツボはしっかりと押さえていた。


エンディングの紹介とフリートークは冗長。オモロなかった奴に限ってよく喋る。
メンバーがレギュラー化しているみたいなので、この中の中堅は入れ替えた方がいいかも。

よく考えるとBOOMERとデンジャラスがいるといないではライブの意義自体が問われるだろう。笑いの量だったり、ベテランの実力だったり、爆笑問題へのつなぎだったり。そのくらい2組は重要なのだ。

また行くかどうかはそのときの気分で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/01

渋谷繁昌亭 9月30日昼の部

渋谷繁昌亭 
9月30日昼の部へ。

恵比寿ザ・ガーデンホールにて。
恵比寿駅からスカイウォーク(動く歩道)で楽々到着。
恵比寿キレイだな。

出演者と演目と一言。

桂歌々志(前座)「子ほめ」
 前座と真打の違いは容易にわかる。人物の演じ分けができるかできないか。 オチが「あさって」とか言ってたような?

林家染二「いらち俥」
 声が大きい。パワフル。元気。自虐ネタも明るく、楽しい。

笑福亭松喬「はてなの茶碗」
 NHKの「日本の話芸」で観て、上手い落語家さんだなってずっと印象深く残っている噺家。そのときの演目も「はなての茶碗」でこの日も同じ。噺自体がオモロイ上に上手いし、生で観られたのでとても満足。

笑福亭鶴光「寝床」
 えーか、えーか、ええのんか、の鶴光。落語はすることは知っていたけど本格的に古典をするとは思ってもいなかった。根は真面目なんだろな。声が高めの濁声なので、少し聴きにくいとこあり。それでも伝わる。

中入り
「恵比寿」というだけあってサッポロビールの提供で、サーバーから黒エビス生を一杯。ウマイ。

笑福亭鶴瓶「(オカンのビックリ仁義無き戦い?)」
 演目わからず。早足で登場し、マクラはテレビでよく観るフリートーク。知名度が相まって会場を沸かす。噺が古典ではなかったので少しがっかりしたのは確か。「らくだ」が聴きたかったのに。でも、今回の噺もオモロ。鶴瓶とオカンとの実際のやり取りを落語にした。所々爆笑させ、オチはしんみりとさせる。巧いな。アホな客がオチが言い終わる直前で拍手をし始めて、雰囲気を害した。アホや。居なくてよい。鶴瓶も悔しかったろう。でも、噺は本当に良かった。

桂福団治「くしゃみ講釈」
 第一印象は「何やコイツ」。いきなり「あと私だけだよ」とか、「これで5,000円は元がとれたやろ」とか見台に肘をつけてボヤキはじめた。それでも噺始めるとスイッチが入る。ベテランの師匠のこの瞬間が好きだ。それに気付くと、こっちもピンとなる。古典なのに、ときどき「植草」とか旬のニュースを入れるから笑ってしまう。講釈でクシャミが始まったら、ゲラゲラ笑ってた。クシャミが巧いんだ。はじめて知った落語家だか、巧い。オモロイ。凄いな。


関西人はホントサービス精神旺盛。
クールに格好つけてないで純粋に楽しませようとするから、楽しい。

関東で落語家っていうと古いイメージがあるけど、
関西ではそう感じないのは、このサービス精神の違いなのでは?
普通のバラエティで関西の落語家を多く見かけることからも、それを証明している気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

『小堺クンのおすましでSHOW21「リトル・グランド・ウッズ」 』

06_osumashia_1

『小堺クンのおすましでSHOW21「リトル・グランド・ウッズ」 』
をに観に8月26日、シアターアプルへ。

こちらもカンコンキンと同様4時間だった。

前半は芝居のワークショップの設定でコント。
後半は歌、演奏、タップ。

客席に空席が目立ったが、舞台は楽しめた。よく観たこと無いけど、アメリカのショーを再現した感じか。

出 演

小堺一機 

松尾伴内 
川本 成(あさりど)
堀口文宏(あさりど)
伽代子(欽ちゃん劇団)
細田千代美
水野江莉花

あさりどの堀口のうろたえ、緊張のピークの咄嗟の言葉が楽しい。
小堺はこれでもかと堀口をイジリまくる。
まるで欽ちゃんのイジられた借りを返すように。

特に笑ったのが、客席から題名と締めの一言を頂戴し、即興コントするもの。
3本もやったのだが、オチはすべて堀口にチャンスを与えているのに、テンパリすぎて締めの一言を忘れる、ように観えた。ホントに忘れているのかボケているのかワカラン。

小堺は120%。何をやっても磐石だ。皆から好かれるのもわかる気がする。

伽代子がカワイイ。川本は冷静、器用。松尾もベテランさを遺憾なく発揮。安定感がある。


生バンドを舞台の両袖に配置し、上手に活用している。
全体的に歌が多い気がする。「SHOW」を意識しているのだろうが、歌に頼りすきぎている感がある。


それでも、笑いも歌もタップも演技も懸命にやっているのをこれほどまでに観ていると、カッコいいと思うし、「表現」はこんなに楽しいのかと思い知らされた。
つい、自分も参加してみたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

『カンコンキンシアター20クドい! マリちゃんと遊ぼう!byルー大柴』

『カンコンキンシアター20クドい! マリちゃんと遊ぼう!byルー大柴』
を8月10日に観る。

会場の盛り上がりが異様。ずっと笑ってた。
山中伊知郎の日記によると、この日はかなりウケた日だったらしい。
(本人は終演後帰宅といっているが、終演前にいきなり帰宅)
今回は飯尾が良い。アドリブで追い詰められたギャグが最高。
下ネタにやはり引くが、これが無いと、くだらなさが引き立たないのか。

客席にタモリ、松田哲夫(ブランチの本のコーナーのヒゲ哲ちゃん)がいた。
裏関根がオモロ、オモロ。楽しい。言葉が的を射ていて聞いてて気分が清々する。晴れ晴れする。30分近くを3本ほぼ一人で表現するのはさすが。

トータル4時間15分。今回で最長だそうだ。
山中伊知郎がラストの幕(エンディング前)で終電に間に合わないと、客席を通って帰ってしまった。前代未聞だ。最初はギャグで戻ってくるかと思っていたが、そのまま帰ってしまった。客席から驚きの声があがる。

エンディングでは、関根さんら出演者が、終電に間に合うように帰り始めるお客を舞台上から見送る信じられない光景を目にする。
イワイガワ、上手い。オモロ。キワモノっぽいけどネタはシンプル。
浮世絵師、しゅく造めは生理的に駄目。
剛州は話すたびに噛む。これは酷い。みな呆れる。
会場の盛り上がりが半端じゃない。

結局来年も見たくなる。

キャスト
関根勤
ルー大柴
ラッキィ池田
鈴木晋介
山中伊知郎
剛州
玉寄兼一郎
ウド鈴木(キャイ~ン)
天野ひろゆき(キャイ~ン)
中村嘉夫
飯尾和樹(ずん)
やす(ずん)
森一弥(エネルギー)
平子悟(エネルギー)
しゅく造め(Rまにあ)
井川修司(イワイガワ)
岩井ジョニ男(イワイガワ)
ユウスケ・皇帝液。 (浮世絵師)
坂爪・ラゴハムニダ (浮世絵師)
ケンスケデリカット(浮世絵師)

今井久美子
富田真央
中村英香
西田たか子
後川佳織
林宏美
関根麻里

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/15

旬のお笑い!&ナンチャンの落語会

旬のお笑い!、ナンチャンの落語会を観に銀座へ。
大銀座落語会の一環です。

まず旬のお笑い!ということで若手のネタ。

磁石
 漫才の型が出来てる。爆笑にはもう一歩。ネタの構成は漫才のスタンダードであり、展開もいいと思う。

キングオブコメディ
 コント。ボケの迫力で笑いを持っていく感じ。ツッコミの言葉が、よい。爆笑は難か。

江戸むらさき
 最高。テンポ、ネタの運び、間、動きが素晴しい。ショートコントだけれども、ネタが繋がっている。どれもオモロ。
逆に言えば、具体的にどれがオモロイのかピックアップできない。「ショート」であるため、印象・映像が残りにくいのが勿体ない気がする。でもオモロ、オモロ。

安田大サーカス
 ネタ始めで、HIROがジャンケンで一人負けるはずが、一人勝ってしまい、混乱。アドリブで誤魔化し何とかこなすが、実力が無いのにアドリブは駄目だ。ダレてしまう。団長が機転を利かそうとするが、なかなか難しい。団長が一人奮闘という感じ。団長の操り次第かな。

マギー審司
 サーカスの銀の紙吹雪が散っている中登場。オモロ。テレビどおりの笑いがほぼ確実に取れる。舞台で見ると客の反応を上手く取り入れており、舞台慣れしている。見た目以上に実力がある。これは堕ちないな。

休憩。

ナンチャンの落語会

古今亭ちよりん「やかん」
 前座。大学の落研からそのまま飛び出た感じ。緊張が伝わってくる。大勢の客前で、懸命に落語を披露。良い経験だろう。上手さないが、懸命さは伝わる。

ゲスト林家正蔵とナンチャンのトーク
 正蔵に落語の稽古を付けてもらったようだ。二人とも難なくトークをこなし、笑いをとる。落語を演ずる前で緊張しているナンチャンに対し、「Shall we dance?と立場が逆だ」という正蔵の言葉に大いに笑う。

南原清隆 「仔猫」
 オモロ。こんな落語もあるのだという発見。もちろん話しぶりは落語家ではないが、言葉は「落語」として伝わるのだ。ネタ自体の魅力なのか、南原にしっくりくる。よく演じ分けられて、「落語家」というよりは「演者」としての上手さが観られた。これは、舞台・客前での度胸の良さと、漫談へ逃げずにとりくんだ姿勢、落語が好きだという感情から滲み出てきたものなのではないだろうか。
 40~50分以上のネタをほぼ完璧に覚え、演じていた。しかも、ところどころのギャグで笑いをとる。今回の南原清隆の落語の良さは、終演後、下りた幕の裏から聞こえてきた関係者の大歓声からもわかる。(正蔵だけではなく、小朝も観てたらしい)

 とにかくよかったのだ。また聴きたい。

 芸人としての経験・能力とサービス精神、コント・テレビ的反射神経と落語に対する好意・真面目さが時代を経て存続するよく練られた落語の噺に非常にマッチした好例だ。


終演。


終演後関係者入り口の近くで団長とHIROを観る。「ありがとうございました」と言うHIROと会釈を交わす。

個人的に嫌だったのが隣のイタイ客。笑うところではないところで、会場に響き渡る耳障りな笑い声と頭に響くほどデカい拍手。これは事故としか言いようが無い。こいつ以外は本当に楽しい会だった。

これで1000円は安い。楽しい舞台だった。

Nec_0016Nec_0013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/07

銀座らくごアーベント 第4夜

銀座らくごアーベント 第4夜 に行ってきました。
会場は銀座みゆき館劇場という90席の劇場。
狭い、地下、綺麗じゃないところで。


出演者と演目と一言。

立川 談春 「道灌」
  想像していたよりも親しみやすい。ギャグが多い。人物の演じ分けが非常に客観的であり、会話の掛け合いは他人のよう。会のトップバッターとしての役割を果たす。

瀧川 鯉昇 「ちりとてちん」
  名前もはじめて知った。好きになる。マクラから本筋へ入るスイッチがよくわかる。明るく楽しい落語。しぐさが笑いを誘う。

春風亭 一朝 「蛙茶番」
  どうも好きになれない。古い感じ。ネタもバレ噺(下ネタ)。

仲入り

入船亭 扇遊 「たらちね」
  とても聴きやすい。ネタも端折ったのか、とても短く感じた。もっと聴きたくなる。上手い。口調がいい。派手ではないけど、華やか。

林家 正蔵 「千両みかん」
  トリ。真摯に落語に取り組んでいる姿がわかる。静かな口調と間で、つい聴き入ってしまう。本来は人情噺ではないのかもしれないが、人情噺のよう。逃げていない。ただ、途中のギャグはすべて必要か?今度はもっと明るい噺が聴きたい。


感想を自分で読むと、ワタクシは明るい、華やかな落語が好きなようだ。

はじめての落語のライブ。古臭い気はそれほどしない。年齢層は様々。また、狭い劇場で、近かったため、落語を「聴いた」感じがしたのがよい。


そういえば、堀井憲一郎が最前列に陣取る。終演後何かメモを取っていた。さすがライター。地下鉄銀座駅の前で連れと思われる女性と別れる。そんなことどうでもいい。


ホール落語は行ったことはないけど、落語を行う場のキャパは少なくても多くてもよいと感じた。なぜなら、演者はいつでもひとり、少し高い台の上に座布団に座って話せばいいから。これが強みであり、可能性は広いと思う。

あと、自虐的な噺家は嫌い。これは謙虚ではなく、卑下だ。
表現する行為では、口に出さなくても自信を持ってもらいたい。

落語は楽しい。

今後も、有名どころから攻めて行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

『メタル マクベス』

『メタル マクベス』5月6日18時より松本で観てきました。
Nec_0006

凄まじい舞台。

本質は『マクベス』と同じだが、クドカンの古典を元に現代を絡ませる技術は巧みだ。タイガー&ドラゴンと同じ手法。本質を変えなければ成立するのは名古典の力か。

音響が非常に効果的であった。言葉が頭から離れない現象をメタルというインパクトの強い音響で引き立たせる。
合間に入るギャグで緩め、古典の近寄りがたさを消し、クライマックスへと導いていった。

舞台中央後方にある映像、照明、美術の威力が、その技術の高さが、さらに舞台のスケールを大きくしていった。

ちょっと舞台から遠かったが、体に響く声、音、視覚に訴えるスケール感は舞台ならでは。

4時間(!)は短く感じたのは確か。

演者はみな巧い。
松たか子、森山未來の懸命さが伝わる。
松の「女優」としての演技力の高さ、森山の若さのエネルギーを熱く感じる。
俳優は舞台しなきゃ駄目なんだな、テレビドラマは生易しいなと思う。

内野の当たり前と感じてしまうほどの完璧さは、素晴らしい。

ここに笑いのある名悲劇があった。
カーテンコール3回。みんなテンション高まりっぱなし。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/05/08

『キャイ~ンがシークレットライブまたまたやります。』

キャイ~ンがシークレットライブまたまたやります。Kyain_live2006


を紀伊國屋サザンシアターに熊本より近いところに住んでいますので、観に行きました。

はじめてだったが結構楽しめました。

ウド、サイコー!!
普通のボケでも、可笑しさが倍増するのがズルイ。

舞台は漫才2本、コント2本、ショートコント1本で2時間の構成。
せめてあと1時間は楽しみたいと思ったけど、おそらく
2人きりで2時間というのは想像以上に辛いのかも。

漫才のネタは爆笑できるものではない。
天野のツッコミはやや単調だし、ウドのボケもそれほど広がらない。
でも笑える。
これもウドの存在とウドと組んだ天野の決断の賜物だろう。


笑ったのは、ショートコント。
会場のお客さんからお題をもらい、アドリブでコントする。
ワタクシはアドリブコントは好きじゃない。
単純に面白いことが少ないから。
面白くなる可能性も低い。
だから、あまり期待していなかったのだけれども、ウドにハマった。
お題「Winny」が出たとき、ウド完全にわからない。
コントが始まっても、わからない。
追い詰められたボケが
「♪おいしいオムツ、ウィニーマンっ」

ムーニーだろっ。おいしいオムツってなんだよっ。

笑。


コントでもウドのソロが続く。
鈴木三郎物語という恒例のキャラで暴走。
もう止まらない。


会場には客席に「観客」として来ている芸能人(本人内緒でスペシャルゲスト)がどの公演もいたとのこと。

ワタクシの回では、よゐこの濱口優でした。
完全に素の状態の濱口を無理やり持ち上げ、本人に言わせる。
「獲ったどー!!!」
これで幕。

濱口メインみたい。


といったような、誰が主役だかわからないところで終演。

また観たいと思いましたな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/22

『野田版 研辰の討たれ』

nec_0006.jpg
新橋演舞場に稚内より近いところに住んでいるので行ってみました。
歌舞伎を生で観るというのではなく、スクリーンで劇場中継だった。

観てて楽しい。
本物の歌舞伎は観たことないけど、少しは感じられた。


とにかく、勘三郎が凄く、藤山寛美が重なった。ずっと喋りっぱなし、動きっぱなし。その上、キレと滑らかさを兼ね備えている。観てて完璧。
でも、本人はこれでも不満で観せるのが恥ずかしいと言う。
なぜ勘三郎の思いを知っているかというと、本人が上映の前に挨拶を直々にしたから。
これは嬉しい。


〈ストーリー〉
元刀研ぎの自称侍、辰次が剣術使いの家老に恥をかかされたことの仕返しにちょっとした悪戯をする。あまりの驚きに家老は息を引き取るが、その息子たちは悪戯で死んだことを隠し、辰次に斬って殺されたこととし、息子たちは仇を討つために辰次を追い回す。辰次は騒動を起しながら逃げ回るがついに追い付かれる。辰次は家老の息子たちの自分を斬る刀を研ぎながら、自分の命のはかなさを紅葉に重ねる。息子たちは一度は辰次を見逃すが、仇を討つ。息子たちは仇を討つことができたが、剣術ができない辰次を斬ったことに人を殺したのではないかと思い始める。辰次の上に一枚の紅葉が舞い落ちた。


はかない話だが、7割は笑ってた。
歌舞伎としては邪道だと思うが、随所で魅せられたからオモロ。

これで2000円は安いな。


歌舞伎の可能性は限りなく広い。

歌舞伎座、行こっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)