2006/03/05

くるりくるり

店の有線で耳にした
ナナムジカの くるりくるり が頭の中でくるりくるり。


小早川伸木は観てません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

ap bank fes'05

050716_132526
行って来ました、ap bank fes'05。

最高!!!!!!


スゴイ。

気持ちいい。

カッコいい。

快い。

心地よい。

楽しい。

嬉しい。


     好い。


櫻井和寿のはちきれんばかりの笑顔がとても焼きついている。

ap bank fes'05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/18

1月17日

阪神大震災から今日で10年となる。


マスコミでは、これを機に、震災の特集を挙って取り上げている。
気になったのは ラジオ である。
いざ、災害にあったとき必要となるもののひとつである。

ライフラインが壊滅し、人々は不安の中で時を過ごす。
そんななかで、リアルタイムで情報を得る手段はラジオしかないであろう。

ラジオは ことば、音を通じて耳に届く。

ワタシが、阪神大震災で思い浮かぶのは 奥田民生 だ。


神戸製鋼がラグビー7連覇を達成した、1995年の1月15日(成人の日)に
奥田民生の「息子/BEEF」が発売された。

1月17日の夜、神戸の街の被害をテレビで目の当たりにしてから、この日購入した
「息子/BEEF」を聞いた。

「息子」の詞は、父親として、叱咤激励するメッセージが込められている。

ワタシは、勝手ながら、
♪ほうら~ からのメロディの繰り返しが震災の被害に途方に暮れる様子が浮かび、
震災で亡くなった父親からのメッセージを謳ったものと捉えていた。

カップリングの「BEEF」の詞の中には 神戸 の文字が含まれている。
これも、震災を思い浮かべる一因でもある。


阪神地域から遠く離れた場所に住み、全く被害を受けなかったことに
正直、幸運だった、と思った。
と、同時に、なぜ起こってしまったのか と 過去 の 自然災害 に
呆然としてしまった。


今、住んでいるところでいつ地震が来てもおかしくはない。

危機を片隅において、未来に備えるしかないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/14

ニル

前々から思ってて、今投稿。


上戸彩の「愛のために。」とコブクロの「轍~わだち~」って、サビが似てる。

サビだけ続けて歌うと、変化を付けられませんわ。


「愛のために。」は織田哲郎作ってたんだ~。


(着メロでスマン)
「愛のために。」試聴      「轍~わだち~」


上戸彩サイト            コブクロサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/21

いちファンの皆さん


ふと思い出しで。

たしかNHK-FMのMUSIC SQUAREを聞いてたときだと思う。
その日はランキング形式でカウントダウンしていて、
何位かにポルノグラフィティがランクインしていた。


ペンネームが

「ポルノ大好き!!」さん
「ポルノ最高!!」さん
「好き好きポルノ」さん

の皆さんからリクエストされてました。


ポルノグラフィティ知らないおっちゃんが聞いてたらびっくりするわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21

HALCALI

HALCALI、いいな。

前から気になっていたのだが、
誰かのHALCALIに対する評価が芳しくなかったので、自粛してた。

でも、今日(7月20日)は月イチのレンタル100円セールだったので、
思い切ってHALCALI全作品を借りた。
全作品といってもアルバム1枚とシングル2枚だが。

聞いてみると、直感のとおり、良い。
リズムと曲が心地よく、頭から離れない。

なぜだろうと思いながら、ジャケット裏を見ていると、発見。

      Lyrics:RYO-Z
     Music,Arrangement:DJ FUMIYA

とある。これが答だ。

RIP SLYMEは前々から好きだ。その彼等が作っているのだから、
ワタシが気になるもの無理ない。

RIP SLYMEのポップな曲調が特に好きだ。
このポップ性でHIP HOPと(J-)POPをつなげ、世間に知らしめた功績は大きいと感じる。
だって、オリコンチャートにHIP HOPが出てくるなんて、考えもしなかったし。


HALCALIを聞きつつ、筆を置く。

トリビアだが、DJ FUMIYAは、17歳でSPEEDのツアーメンバーとして
同行していたとのこと。

http://www.listen.co.jp/index.html
もオモロイ。(受け売りだが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)