2006/08/21

決勝、決まる

早実、悲願の夏制覇=斎藤4連投、13奪三振・無四球-全国高校野球

 エース斎藤が驚異の4日連続完投で早実を悲願の初優勝に導いた-。21日、甲子園球場で行われた第88回全国高校野球選手権大会の決勝戦再試合で、早稲田実(西東京)が3連覇を狙った駒大苫小牧(南北海道)に4-3で競り勝ち、深紅の優勝旗を手にした。
 早実は1回、船橋の適時打で先制。2回には川西が適時二塁打を放ち、序盤で2点をリード。6、7回も1点ずつを加えた。斎藤は被安打6、13奪三振の力投で無四球完投。6回、駒苫の三谷にソロ本塁打を打たれ、土壇場の9回には中沢に今大会通算60号となる2点本塁打を浴びて1点差に迫られたが、冷静に後続を断ち、2日がかりの決勝を1人で投げ切った。
 駒苫のエース田中は、1回途中から前日と同じ救援で登板。最後まで投げて4安打3失点に抑えたが、3連覇の夢には一歩届かなかった。昨夏から続けてきた同校の公式戦連勝も48で止まった。 
(時事通信) - 8月21日17時2分更新

早実の斎藤はスターの仲間入り。斎藤の実力は優勝に値する。
「早稲田」のブランドの力、知名度、人気は凄まじい。

マスコミの斎藤の注目の仕方は異常。スターを無理やり作ろうとするマスコミは非難する。
槍玉に挙げられる斎藤には酷く同情する。


駒苫をずっと応援していたので正直残念だが、早実の実力には感服。強い。

今でも再試合は信じられないが、早実と駒苫の本物の強さも敬服する。
9回表の2ランホームランで1点差になるなど、ありうるけど、信じられない試合が続いた。

試合を観てて印象的だったのは、選手が楽しんでいることだ。
自分の実力に自信を持ち、それに肉迫する実力を持つ相手と全力で戦うことが出来る
喜びが試合中にこぼれる笑みから感じる。
選手ひとりひとりが活き活きしている。自分から楽しんで野球をしているのだ。

また、両監督のコメントも好感が持てる。
相手に敬意を表し、率直な気持ちを発し、的確な支持を送り、チームを率いていた。

昔の野球にありがちな根性のみで戦うのではない。必要なのは自信だ。

ピンチのとき、早実がマウンドに集まり、目を瞑り心落ち着かせる姿も失いかけた自信を取り戻す行為だ。
今回あまり観られなかったが、駒苫がマウンドで皆が人差し指を空に掲げる姿も自信をつける行為だ。

名試合を観ることができた。

お疲れ様。本当に楽しい試合だった。おめでとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/20

決勝、決まらず

両エース、こん身の力投=延長15回、1-1で引き分け・全国高校野球

 20日に甲子園球場で行われた第88回全国高校野球選手権大会の決勝、駒大苫小牧(南北海道)-早稲田実(西東京)戦は、延長15回の熱戦の末に1-1で引き分け。決勝では2度目となる再試合(21日)で決着を付けることになった。
 試合は1点を争う投手戦。早実の斎藤が3連投の疲れもみせずに好投すれば、駒苫も3回途中から救援した田中が力投した。0-0の8回、駒苫が三木のソロ本塁打で先制したが、早実もその裏一死から檜垣が二塁打と敵失で三塁に進み、後藤の犠飛で同点とした。
 決勝では10年ぶりの延長戦に入っても、斎藤、田中両エースの粘りの投球は変わらず。斎藤178球、田中は165球を投げぬいた。 
(時事通信) - 8月20日18時31分更新

今大会の高校野球は名門、古豪の高校が多く、むちゃくちゃオモロイ。
あと1アウトで勝てるところで逆転負けや、8点差を逆転したあとサヨナラ負けなど、信じられない試合が続いた。

それらの試合を勝ち残ってきた2チームの決勝。
決勝に相応しい名試合。
延長15回で引き分け。なかなか終わらん。

明日も見よっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/10

決勝 イタリア対フランス

サッカーワールドカップ2006 ドイツ大会 決勝 

イタリア対フランス

    1-1
PK 5-3

でイタリア優勝!

3時に起きて、途中うたた寝しながら、それでも得点シーンやジダン退場シーンは見逃さなかった。

トッティが活躍せず、終始フランスのペースでいってて、ジダン退場からフランスのペースが止まる。
それでもイタリアは攻めきれず、PKへ。

フランスはジダンの退場を引きずったまま、キックし、ひとつの数センチのミスで敗北。

ジダンは終わりよければすべて良し、の真逆の結果。悔しいだろうな。
優勝カップを背にジダンが退場する画は、悲しい。

でも、いくら手を使っていなくても、頭突きはないよ。マテラッティも悪いと思うけど。

PKまでいったんだから、実力はほぼ互角。
結果は残酷だ。


ワールドカップだけがサッカーじゃないけど、いろいろと印象に残る大会だな。
出場チームに労いと感謝を。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/07/04

中田英寿現役引退


このニュースを知ったとき、しばし呆然とした。

ショックだ。

とても寂しい。

彼の大きな決断を尊重したい。


彼がプロサッカー選手として受け入れてきた、モチベーションの保持、肉体的・精神的プレッシャーは測り知れない。


今は、彼と同時代に生き、彼のプレーをこの目で見ることができたことが嬉しい。

彼が瞼の奥で動き続けている。


こちらからも感謝する。


ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/26

日本対ブラジル

サッカーワールドカップドイツ大会
日本対ブラジル
1対4。

遅ればせながらですが投稿。

起きたら前半終わってた。
一番良いところを観逃し、一番悪いところのみを観た。

悔しい。
実力を考えれば妥当な結果なのかもしれないが、
相手の侮りに嫌になる。
ロナウジーニョとカカを同時に交代させ、控えのキーパーまで
交代させやがった。
完全にナメられ、侮辱に等しい。
非常に残念だ。悔しい。


この感情を最も感じているのは、ピッチに立った選手だろう。
中田英寿の涙目に強く象徴される。
深く同情する。

単純に2002年の日韓大会と比較はできない。
でも、アウェイで、あの暑さの中、対戦相手にしても恵まれなかったとも思う。
フィジカルな強さと、メンタルな熱さが足りないのでは?とも思う。

今回は強豪と呼ばれるチームが幸運にも勝ち残った。
そう思うしかない。

ワールドカップでの後味の悪い試合が2002年のトルコ戦から続いている。
それを打破する日が待ち遠しい。
いつかやってくれるだろうが、早く観たい、感じたいのだ。

最後に、今は、お疲れさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/20

日本対クロアチア

世界のどこかでは日本とクロアチアがサッカー以外で争ってるかも知れないけど、
ここでは多分に漏れずワールドカップサッカードイツ大会日本対クロアチアを示します。
0対0。
う~ん。

負けに等しい引き分けだった。
川口は本当によく守ったけど、守っただけでは点は取れない。
中田が必死に動いているのに、前線に届かない。
中田が支持しているのに、動かない。動けない。
守りすぎ。守り疲れ。
攻められない。前に走らない。
クロスから攻めない。

流れのリズムが遅い。中村がいい流れを止める。
宮本のミスが多い。PKもヒヤヒヤもの。
また勝てる試合を落とした。

ヒヤヒヤしすぎて何度か笑ったわ。

ブラジルはもう決勝トーナメント行けるのだったら、次は不戦勝をください。

川口似。
失敗した場合①
失敗した場合②

ハーフタイムにザッピングしてたらスタメンでメガネ男子ブーム特集。あと、50年はブームを続けてください。


試合終了後もザッピングしたら各局にニュース速報が流れる。
「日本、クロアチアに引き分ける」と。マスコミ煽り過ぎ。

次は勝つしかない。信じるのみか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/06/13

日本対オーストラリア

サッカーワールドカップドイツ大会
日本 対 オーストラリア

後半39分からのオーストラリア3得点で大逆転。
1対3。
後味悪すぎ。
1点入れれば、勝ててたかも

シュートチャンスが少なく、そのチャンスもミスパス、精度を欠くものが多かった。
川口の連続好セーブも、宮本、中澤、坪井、茂庭のディフェンスもすべて無になる結果。
結果という真実、現実は恐ろしい。厳しい。信じられない。信じたくない。

ワタクシはラスト10分よりもっと前、ラスト20分から時間の経過の長さに苛々していた。

中村の前評判の高さからすると、精彩を欠いた気がする。何かプレーが優雅というより、軽く感じた。
得点も何か盛り上がりに欠いたように思える。
おそらくクロスであろうシュートは、オーストラリアにあまり重くない痛み、圧力を与えたのかもしれない。
換言すれば、点が入っていないような1点だったと思う。
また、ディフェンスが活躍するというのは、逆に見れば、相手に攻められ続けていた証拠だ。


試合前、フランスワールドカップ初戦の気分が不気味によぎった。


過去を悲観しても無意味だ。
あと全試合に全力を出し切り、勝てばいいだけだ。
幸運を祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/27

おもい

Soccer

サッカー日本代表がドイツへ出発
ドイツに向けて出発する小野(中央左から2人目)、中田英(小野の後方サングラス姿)らサッカー日本代表メンバー。到着後はキャンプ地のボンへ移動する(26日正午すぎ、成田空港)(時事通信社)14時14分更新


みんな期待しすぎ。
想いが強すぎて、重い。
ワタクシはこれをNHKのお昼のニュースの生中継で観た。

21日には2万3千人も観に来たらしい。練習にだよ。
首相にも、天皇陛下にも拝謁したというし。
みんな期待しすぎ。

応援は大いにしますが、期待しすぎるのは重さだと思う。
どんな結果でも、明るく迎えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

「撤回します」(予定)

新庄、今季限り引退 地元球場満員で決断

プロ野球日本ハムの新庄剛志外野手(34)が18日、今季限りでの現役引退を表明した。この日、東京ドームで行われたオリックス4回戦の試合後、2本塁打を放ってのヒーローインタビューで「今シーズン限りでユニホームを脱ぐことを決めました」と話した。シーズンが開幕してわずか1カ月足らずという異例の引退表明。
 新庄選手によると引退を決断したのは3月25日のパ・リーグ開幕戦で地元札幌ドームがほぼいっぱいの4万2393人を記録した時。「球場が満員になって夢がかなった。自分の仕事は終わった」と思ったという。
 スター選手の突然の引退表明に日本ハムの大社啓二オーナーは「球団、日本ハムグループ全員の総意として、新庄選手の慰留に最大限の努力をする」と広報を通じてコメントを出した。
(共同通信) - 4月19日0時35分更新


引退撤回しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/22

WBCセカイイチ

WBC、優勝しましたな。
結果的には快勝だけど、全然余裕じゃなかった。
野球、オモロ。
日本、野球上手いじゃん。


ワタシは韓国戦の方が興奮したな。

選手の盛り上がり方が尋常ではなかった。
あんなイチロー見たことない。

印象に残ったのは
西岡と川崎のすばらしいコンビネーション。
松中の技術とパワーと精神力。
福留の驚異的な勝負強さ。
上原の勇気を与える忍耐力。
大塚の完璧な守り。
などなど、書ききれない。


世界一おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧