2004/11/24

 
タイトルは「はざま」と読みます。
そう、吉本新喜劇のカンペーさんの名字です。

別にカンペーさんが出てくるわけではないのですが、
気になったことを少々。


一昨日あたりでしょうか、ドラえもんの声優が五人まとめて交代する
ことが明らかになりました。

高齢が大きな理由かと思われます。

長い間ご苦労様と言って、これから思い出しが始まる。


以前、ドラえもんの映画が公開され、舞台挨拶がありました。
ドラえもん、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫が舞台挨拶。
正確にいうと、彼らのきぐるみがいて、後ろにおのおのの声優さんが立って
挨拶しているわけです。

この情景を思い浮かべてください。

違和感がない人は「おとな」です。

「こどもたち」はこう思うでしょう。

ドラえもんの後ろにいるおばさんはだれ?

こどもたちの中では ドラえもん=ドラえもん であり、
声優さんではないのです。
でも、だんだん ドラえもん=大山のぶ代 に気付く、というか
知ってしまうのです。

現実=アニメ が 崩され、現実とアニメの間を知ることになります。

これを知ったときは悲しいだろうな。


同じようなことが、ウルトラマンにも見られます。

横浜スタジアムでプロ野球が行われたある日のこと。
ウルトラマンたちが全員集合して、野球観戦を行うというイベントがありました。
総勢20体のウルトラマンたちが内野席でベイスターズを応援しています。


ここでも、違和感がない人は「おとな」です。


テレビの中のウルトラマンたちはみんなビルより高いのに
なんでおとなと同じサイズなの?


おとなたちはサービスとしているのでしょうが、夢と呼ばれる子供たちの
現実を壊す行為だと思っています。


ガチャピン、ムックを見習いなさい!!


こんなことを考えるのはガキだからでしょうか?


でもサンタクロースがいると信じたほうが楽しいじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)