« 『ロッキー』 | トップページ | 桂文我の“本屋で落語”第1回 »

2007/04/14

『ビューティフル・マインド A Beautiful Mind』

『ビューティフル・マインド A Beautiful Mind』

ロン・ハワード作品。
意外にも感動してしまった。

ラストまでずっとフィクションだと思っていたのが、実在の人物の物語だとわかり、そのことに自分自身が驚いてしまった。
名前だけは聞いたことのある、ナッシュ均衡のジョン・ナッシュだとは。

途中の中途半端なカーアクションあたりで正直、メチャクチャなストーリーだなと観るのをやめようかと思ったところで、物語が急展開。チープなアクションが、物語に深みを加えていたのだ。

天才数学者の苦悩は解る訳もない。
しかし、天才であるがゆえに、どんなことでも解けてしまうのではないかという思い込みと自信。はたまた、問題が解けないことへの苦痛、天才の発想に周囲が理解できない寂しさを感じるのではないか、と勝手に想像してみる。
天才ゆえの発想がついに受け入れられることになるのは感動的だ。
天才だって楽じゃない、というのは不謹慎だがホッとしてしまう。

事実と違う描写もあるようだが、作品として楽しめればいいではないか。
Bm

|

« 『ロッキー』 | トップページ | 桂文我の“本屋で落語”第1回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/14748749

この記事へのトラックバック一覧です: 『ビューティフル・マインド A Beautiful Mind』:

« 『ロッキー』 | トップページ | 桂文我の“本屋で落語”第1回 »