« カンブリア宮殿 堀場雅夫 | トップページ | 華麗なる一族 »

2007/03/17

『ラストキング・オブ・スコットランド』

『ラストキング・オブ・スコットランド』

ハードな映画。

ウガンダに実際に存在した独裁政権をスコットランドの青年医師から描く。
アフリカ音楽の陽気さとアニン大統領の冷酷さのギャップが大きく、残虐さが痛い。
苦しさに手に汗握ってしまった。さすがR-15。

ギャリックの軽率さ、安易さが自分自身だけでなく周りの人物を苦しめることになる。
自業自得であり、あまり同情はできないが、国外脱出のシーンは流石にハラハラした。
ギャリックは反省し、罪は生きて償っていくしかない。

アニン大統領役(フォレスト・ウィテカー)はアカデミー賞を獲ったとのこと。
本人かと思えるほどの出来。

R-15を覚悟して観てください。

Lastking

|

« カンブリア宮殿 堀場雅夫 | トップページ | 華麗なる一族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/14359382

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラストキング・オブ・スコットランド』:

« カンブリア宮殿 堀場雅夫 | トップページ | 華麗なる一族 »