« 『ドリームガールズ』 | トップページ | イメージチェンジ »

2007/02/20

R-1ぐらんぷり2007

R-1ぐらんぷり2007
一言述べます。(出演順)

土肥ポン太
ダジャレネタ。トップにしては堂々としていて、オチは見事。笑いが少ないか。

徳井義実
漫才のときのように表現豊かに自分の世界を展開している。外国人のしゃべりでキャラの面白さという得もあるが、聞き取りにくいという損は否めない。

大輪教授
笑いが起きない。難しいことを言ってはいないが、「理系」という言葉にかなりのアレルギーが蔓延していたのではないか。ホントはもっとオモロいんだろうな。

友近
独特の世界を迷いなく表す。ネタを観るたびに感服する。ネタのやり切った感はうらやましい。でも、それが笑いに結びつくのかは結果を見ればわかる。

ウメ
個人的にツボ。同じ画で複数のストーリーを作る想像力に驚く。ちょっと素人っぽいのが低評価の要因となったか。ネタの絡みと盛り上がりが欲しい。

やまもとまさみ
バカバカしい(いい意味で)。デジャブを感じた。あまり笑えず。

バカリズム
楽しい。「本能寺のH」のイニシャルトークのなさに笑う。見るたびにネタの斬新さに驚く。爆発的な笑いがあれば獲れる。

なだぎ武
文句なく優勝。自転車を置く摑みであんなに笑えるんだ。話しぶりで笑い、動きもついたら手を叩いて笑ってしまった。


疑問に思ったのが審査。審査員が悪いのか?
なだぎが優勝したのはいいが、同点とは思えなかったし、会場から声が上がったように出場者の得点順も不満。
バカリズムのネタのあと、サブローに説明している光景が痛い。どこが面白いかを審査員に説明するのはおかしくない?

ピンで何でもありという条件が審査を、審査員をばらつかせる原因になっていると思う。
仕方ないか。

|

« 『ドリームガールズ』 | トップページ | イメージチェンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/13983265

この記事へのトラックバック一覧です: R-1ぐらんぷり2007 :

« 『ドリームガールズ』 | トップページ | イメージチェンジ »