« 『ファーゴ』 | トップページ | 『それでもボクはやってない』 »

2007/01/26

『マリー・アントワネット』

『マリー・アントワネット』
ソフィア・コッポラ作品。

史実ではなく、ひとりの「女性」としてのマリー・アントワネットを描く。
全篇に渡るのはマリー・アントワネットの切なさ。
華やかでも、楽しくても、優雅でも、喜んでも、切ないのだ。

豪華なセット(ヴェルサイユ宮殿使用)、色彩豊かなファッション、豊富なケーキとアルコール、そしてポップなメロディ。これらは切なさを忘れるためだけにあるように思える。

女性がより理解できる感情だろう。
歴史を照らし合わせると、切なさが増幅する。

Marie

|

« 『ファーゴ』 | トップページ | 『それでもボクはやってない』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/13696201

この記事へのトラックバック一覧です: 『マリー・アントワネット』:

« 『ファーゴ』 | トップページ | 『それでもボクはやってない』 »