« 『武士の一分』 | トップページ | 『プラダを着た悪魔 The DEVIL wears PRADA』 »

2006/12/07

『羅生門』

『羅生門』

同じ場面に遭遇した3人(目撃したのは全部で4人)がその場面を話すのだが、どの話も異なり、4者4様の回想がされる。しかも、場面を構成する3人は自分が人を殺したと話す。
そして、自分を良く見せるのではなく、悪く見せるように話すので、それぞれ信憑性はあるのだが、それぞれ都合のいいようにも聞こえる。

どの話も信じられないのだが、信じようと動きだして終わる。

とても不思議な話。

小説の『羅生門』を想像していたので、全く違うストーリーに戸惑い、内容にも混乱した。
でも、惹きつけられ、普遍的な作品だと思う。

Rasyomon

|

« 『武士の一分』 | トップページ | 『プラダを着た悪魔 The DEVIL wears PRADA』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/12969370

この記事へのトラックバック一覧です: 『羅生門』:

« 『武士の一分』 | トップページ | 『プラダを着た悪魔 The DEVIL wears PRADA』 »