« 『椿三十郎』 | トップページ | 『ヴェニスの商人 The Merchant of Venice』 »

2006/12/01

『トンマッコルへようこそ』

『トンマッコルへようこそ』

タイトルとポスターだけでは内容が全く想像できなかった。

実際観てみると、心が休まり、笑えて、朗らかになり、痛みを感じ、悲しく、腹が立つ、など感情が忙しく変わる。
ファンタジーのような生活と現実的な悲惨さを見事にミックスさせた傑作。

あからさまにCGの場面が気分を萎えさせそうになるが、作品を通してみると、それほど不自然ではない。

韓国映画は北朝鮮との問題を積極的に取り入れる姿勢は偉い。韓国映画のパワーは凄い。
日本映画で政治を絡めた大作を作れる監督はいないのか?

Tong

|

« 『椿三十郎』 | トップページ | 『ヴェニスの商人 The Merchant of Venice』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/12969505

この記事へのトラックバック一覧です: 『トンマッコルへようこそ』:

« 『椿三十郎』 | トップページ | 『ヴェニスの商人 The Merchant of Venice』 »