« 『二十四の瞳』 | トップページ | 『ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption』 »

2006/11/17

仲谷→マジカル


俳優の仲谷昇さんが死去

 演劇集団円の代表で、俳優の仲谷昇(なかや・のぼる、本名・仲谷昇流=なかや・のぼる)さんが、16日午前7時22分、死去した。77歳。葬儀は近親者のみで行い、後日、劇団葬を行う予定。喪主は未定。
 東京生まれ。1950年に文学座に入り、翌年、「武蔵野夫人」で初舞台。63年に芥川比呂志さんとともに同座を脱退して、劇団雲を設立した。75年には演劇集団円の創立に参加した。
 映画でも「にごりえ」「砂の上の植物群」「悪魔が来りて笛を吹く」などに出演。きまじめな役柄で、テレビドラマなどでも確かな存在感を示した。54年に女優の岸田今日子さんと結婚したが、77年に離婚した。
(読売新聞) - 11月17日14時16分更新

お悔やみ申し上げます。
ワタクシが仲谷さんでリンクするのはマジカル頭脳パワー!!のマジカルミステリー劇場。
ウィキペディアによると、
1992年の4月までのコーナーだったらしい。
初期のマジカルは本当に楽しく、毎週欠かさず観ていた。
中でもマジカルミステリー劇場は、当時推理モノにハマっていたワタクシにとっては欠かせないものであり、ナカヤさんがナカタニ探偵と称し、様々な「事件」を解決していたキャラクターだった。
マジカルミステリー劇場はラストのコーナーで、所ジョージさんが番組で初めて1000点を突破し、世界の七不思議・マジカルミステリーツアーを決めたコーナーである。
確かその「事件」は、探偵事務所に2人の探偵志望者が現れ、ナカタニ探偵が「これが解けたら探偵として採用する」として2人に試した、実験用のトリックを解くものだった。

そのころのマジカルは所ジョージ、千堂あきほ(関根勤氏は「マジカルの女として覚えている」)、俵孝太郎の3枚柱がいて、坂東英二のアシスタントに後にニュースプラス1を担当する木村優子がいた。
坂東以外の者が去っていくに連れ、番組は低俗でただの賑やかしになり、無駄に番組のテンポを早め、日テレバラエティの失敗の王道(現在のサルヂエ、ウタワラ)を進み、消えていった。
特にサルヂエの凋落は著しい。

閑話休題。

とにかく、今も「楽しかった」と心に残る番組を作り上げた方が亡くなり、強く思い出されたので記した。
ご冥福をお祈りいたします。

|

« 『二十四の瞳』 | トップページ | 『ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/12735540

この記事へのトラックバック一覧です: 仲谷→マジカル:

« 『二十四の瞳』 | トップページ | 『ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption』 »