« 『セーラー服と機関銃』 | トップページ | 漠然とした不安 »

2006/11/05

『時計じかけのオレンジ A Clockwork Orange』

『時計じかけのオレンジ A Clockwork Orange』

初めてのキューブリック。

主人公アレックスの行動や同情で感情が激しく揺さぶられる。
非難の気持ちになったり、悲しくなったり、痛くなったりと忙しい。
まして性と暴力とクラシックと派手な色彩が多用され、如何せん起伏する。

アレックスに対する客観と主観が入り混じり、物語に深さを与える。

無茶苦茶インパクトがあった。
しばらくクラクラした。

Orange

|

« 『セーラー服と機関銃』 | トップページ | 漠然とした不安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/12660760

この記事へのトラックバック一覧です: 『時計じかけのオレンジ A Clockwork Orange』:

« 『セーラー服と機関銃』 | トップページ | 漠然とした不安 »