« 『カポーティ CAPOTE』 | トップページ | 『フラガール』 »

2006/10/17

プロフェッショナル 石原正康

プロフェッショナル 仕事の流儀 
編集者 石原正康

を偶然再放送を発見したので、観る。

本人はとっても気さくで作家はとっても孤独。
よい作品のために、作家の孤独な部分を突く。

だから、作品を全身全霊で誉める。
そして、貶さない、痛いところは突かない。
その結果、ベストセラーを生み出す。

作家の表情から見ても、非常に慕われているのがわかった。
電話、手紙を通じて、こころが作家に伝わるんだろう。

幻冬舎のひと。売り方も上手いんだろう。

印象的だったのは、石原氏のメガネあるなしのギャップ。
気さくな感じはメガネをかけたとき。
メガネを外し、作家の最初の読者として作品に接している姿はプロを感じた。

あと、出演した作家がよく喋ること。
話すことがあるから作品を書くのだなと思うと同時に、日々の孤独から離れた嬉しさのようなものを感じた。


作家より作品が大事ということばにビジネスを感じたが、
「作品があるから作家と編集者が関わる」
と言われ納得。

ちょっとVTRが多めの方が実際を映し出し、リアルだ。
構成がよい。

またNHKに魅せられてしまった。

|

« 『カポーティ CAPOTE』 | トップページ | 『フラガール』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/12320991

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル 石原正康:

« 『カポーティ CAPOTE』 | トップページ | 『フラガール』 »