« 『夜のピクニック』 | トップページ | 『グッバイ、レーニン GOOD BYE LENIN!』 »

2006/10/05

『ラスト・サムライ The Last Samurai』

『ラスト・サムライ The Last Samurai』
を今更ながら観る。

トムのための作品。なぜ死なないって思ったのは確か。
作品自体は飽きさせない。一気に観られる。オモロ。

映画として、壮大なスケールで描かれることは楽しい。
ラストの戦場には惹きつけられる。騎馬隊がいいな。
みんな殺陣が上手い。

建物より、人がなんかリアル。
考えだったり、仕草だったり。

外国により、日本の良さが浮かんでくる。
でも、その良さが外国文化を借りた日本人によって消えていく皮肉は悲しい。

なぜ英語で?という疑問はとりあえず置いときます。
でも、英語により日本語が、日本が、サムライが引き立つということはある。

トム、何役も出来て、器用だな。
渡辺謙、カッコいいな。
真田広之が物語を支える。
小雪が可愛く見えた。

サムライ礼賛すぎも感じるが、日本人の欧米礼賛主義への皮肉は今でも通じる。

|

« 『夜のピクニック』 | トップページ | 『グッバイ、レーニン GOOD BYE LENIN!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/12158873

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラスト・サムライ The Last Samurai』:

« 『夜のピクニック』 | トップページ | 『グッバイ、レーニン GOOD BYE LENIN!』 »