« オープン | トップページ | 『野獣死すべし(1980)』 »

2006/09/07

祝!ご出産

<秋篠宮妃紀子さま>男児ご出産 41年ぶり皇位継承資格者

 秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、東京都港区南麻布5の愛育病院で、帝王切開手術で男児を出産された。皇室に男子が生まれるのは、65年11月の秋篠宮さま(40)以来だ。約41年ぶりの皇位継承資格者の誕生で、順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次ぎ第3位。母子ともに健康に問題はない。政府が検討していた皇室典範改正案の国会提出は、当面見送られる公算が大きい。
 男児は、ご夫妻の3人目のお子さまで、天皇、皇后両陛下にとっては4人目の孫に当たる。皇室の構成は、天皇陛下をはじめ計23人となった。皇室で帝王切開による出産は初めて。
 宮内庁によると、男児は身長48.8センチ、体重2558グラム。出産は、当初9月下旬(妊娠40週)とされていたが、胎盤の一部が子宮口にかかる「部分前置胎盤」の診断を受け、母体への影響と胎児の成長を考慮して20日ほど早い第37週での帝王切開となった。手術は、愛育病院の中林正雄院長らの執刀で午前8時23分から始まり、同9時7分に終わった。
 秋篠宮さまは午前7時10分ごろ、車で愛育病院に到着し、手術室近くの別室でお子さまの誕生を待った。男児誕生は、秋篠宮さまから電話で、公務で北海道滞在中の天皇、皇后両陛下と、住まいの東宮御所にいた皇太子さまに伝えられた。
 ご誕生に伴う最初の儀式として、午後には、天皇陛下から贈られた守り刀を病院のお子さまの枕元に置く「賜剣(しけん)」が行われる。7日目の12日には、一般のお七夜にあたる「命名の儀」があり、名前と持ち物などにつけるお印(しるし)が決まる。皇室経済法に基づき、お子さまの生計費(皇族費)として、国から秋篠宮さまの10分の1に当たる年間305万円が支給される。
 宮内庁は今年2月、紀子さまが第3子を懐妊し妊娠3カ月と発表。7月に「部分前置胎盤」との診断を受けて帝王切開での出産を決定、8月16日から安静を保つため入院していた。秋篠宮さまと紀子さまは90年6月に結婚。91年10月に長女眞子さま、94年12月に二女佳子さまが誕生した。
(毎日新聞) - 9月6日13時44分更新


おめでとうございます!
健やかな成長を祈ってます。

誰が天皇に即位するのかわからないけど、じっくり話し合ったほうがいいと思うよ。
将来また同じような悶着が起きるだろうから。


でも、日本で最も重要な人物である天皇になるならないを、自分の意思を一切聞き入れられず、他人に決められた意見に必ず従い、役割を完璧に担わなければならないのは無茶苦茶シンドイな。

|

« オープン | トップページ | 『野獣死すべし(1980)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/11793258

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!ご出産:

» 新宮様は「悠仁(ひさひと)」と命名 [ヤフーよりも厳選リンク集]
秋篠宮様第三子親宮の命名の儀「秋篠宮ご夫妻が命名」されました。新の宮様誕生されて7日目に行われる命名の儀が行われました。   お名前   悠仁親王      お印    高野槇(こうやまき)にお決まりに成りました。 ... [続きを読む]

受信: 2006/09/12 16:03

» 秋篠宮家の男子のお名前 [悠仁(ひさひと)さま]
命名の儀 [続きを読む]

受信: 2006/09/13 01:31

« オープン | トップページ | 『野獣死すべし(1980)』 »