« 祝!ご出産 | トップページ | 『グランドホテル Grand Hotel』 »

2006/09/11

『野獣死すべし(1980)』

リリー・フランキーの誘いに乗り、観る。

松田優作の作品はほとんど観たことはなかったが、
鬼気迫る演技に迫力を感じる。

どちらかというと狂気な姿のシーンが多いので、物静かなイメージをもっと入れてもよかったと思う。
そうすればもっと狂気さが引き立つ。
あと、映画のスケールの大きさをもっと生かしてもよかったのでは、とも思う。

印象的だったのは、リップ・ヴァン・ウィンクルのことを語る件。
イイ!
狂気に満ちながら、淡々と、銃を構えながら語る姿に釘付けになる。

狂気の中で秩序通りというか矛盾は起こっていなかったが、逃走中という緊迫した極限状態で狂気に狂気が重なり、秩序が崩れ、矛盾が生じ、新たな殺人が起こる。
だが、そのあと「普通」に戻っているのが不思議だ。

ラストのシーンはなんとなく読めた。
誰にやられたのかわからないけど。


観終わって、気がついたら自分の目つきが鋭くなってた。
狂気や。


絶賛!というわけではないけど、松田優作の存在感の強さを感じた。

Yaju

|

« 祝!ご出産 | トップページ | 『グランドホテル Grand Hotel』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/11876129

この記事へのトラックバック一覧です: 『野獣死すべし(1980)』:

» (今日の映画)野獣死すべし [Kozmic Blues by TM]
野獣死すべし [続きを読む]

受信: 2006/10/02 19:47

« 祝!ご出産 | トップページ | 『グランドホテル Grand Hotel』 »