« 客 | トップページ | 『M:i:3』 »

2006/08/04

『ゲド戦記』

『ゲド戦記』観たけど。

涙が出る、欠伸で。
まず、スタジオジブリでも宮崎駿と同じレベルで観てはいけない。
新人監督がスタジオジブリの力を借りて作った作品として観ること。
決して期待してはいけない。

観始めると、絵、アニメーションが下手。
最初だけかと思ったら、ずっと続く。たとえば、
涙に変なリアリティを持たせ、不釣合い。気持ち悪い。

ストーリー展開がバラバラ。話が飛ぶ。端折る部分がちぐはぐ。
膨大な原作のエッセンスを取り入れようとして、無理に登場人物に
語らせる。それが、奇異、突飛に感じる。
原作は読んだこと無いけど、原作を読まなきゃ映画を観ることが出来ないわけではない。
映画で楽しんでもいいわけだが、楽しめない。
テルーが最近よく聴く歌を急に歌いだすが、物語とほぼ関係ない。
主人公アレンがこの歌を聴いて涙を流す。
この都合の良さが、出来の悪いテレビドラマのようだ。
途中で、いや序盤で真剣に観ることを諦める。

観る前のこちらの先入観、思い込み(ジブリ、宮崎、広報など)
を差し引いても十分良くない。


最初の15分くらい寝てた。
映画の日で1000円だった。
でも不満。

|

« 客 | トップページ | 『M:i:3』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/11265994

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゲド戦記』:

« 客 | トップページ | 『M:i:3』 »