« コニタン | トップページ | 『雪に願うこと』 »

2006/06/03

『嫌われ松子の一生』

Kiraware

『嫌われ松子の一生』
観てきました。

率直な感想は、オモロ。


あまり期待していなかったが、毎日新聞の映画評で傑作とは書かれていなかったが、悪いとは言っていなかったので、観る決意をして、映画館へ。でも、期待していないから、月イチ1000円の1日に鑑賞。
強く感じたのは、とてもファンタジー溢れる作品。

CGの多さに、序盤は軽さを感じたが、徐々に慣れ、明るさと飽きのなさを与える。
不幸で不運で傷つけられ、同情される松子の一生なのに、ファンタジーを感じた。
その訳は、松子が愛を持って精一杯生き、そのときそのときをを真っ直ぐに自分で決めてきたからであろう。スクリーンを彩る色彩、特に花が美しさと明るさとファンタジーを浴びせてきた。あと歌も。飽きない映画。ミュージカルでもある。

挿入歌の『LOVE IS BUBBLE』とてもが気に入った。無性にサウンドトラックが欲しい。

中谷美紀は上手さというより、はじけた印象が強い。松子の人間味を溢れさせた。個人的には、和服着ておしとやかな感じが好きだけど。(『力道山』の妻を思い出す。)
作品は瑛太の視点で描かれるが、役としてはそれほど重要ではない。出番は多いが、印象は弱い。勝手に厳しく言うと、若ければ誰でもいいのでは、と思ってしまう。

他のキャストは、皆個性的。皆不可欠。
荒川良々、宮藤官九郎、Bonnie Pink、香川照之、黒沢あすか、伊勢谷友介、柄本明、劇団ひとり、谷中敦、市川実日子、谷原章介、武田真治、ゴリなどなど。

松子は死んでしまうのにファンタジー。
観終わったら、結構楽しい。観終わったら、感じいい。観終わったら、女性は強いと思う。
個人的には、あの顔(デパートの屋上で覚えた、父を笑わせるあの顔)で終わるような不安が杞憂になり、ほっとしている。


中谷美紀と濱田マリが被ったのはワタクシだけ?

|

« コニタン | トップページ | 『雪に願うこと』 »

コメント

はじめまして☆こんばんわ。
この映画明日見に行こうかなぁなんて思ってるんです♪
中谷さんが女優やめようとまで追い詰められた
作品、思う存分味わってきたいと思います。

投稿: ayako | 2006/06/03 20:31

はじめまして。
コメントありがとうございます☆
存分に楽しんできてください。

投稿: まりむら | 2006/06/04 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/10375297

この記事へのトラックバック一覧です: 『嫌われ松子の一生』:

»  「嫌われ松子の一生」  一緒に楽しく 虚しく 切なく  [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
中谷美紀主演VS中島哲也監督 話題の映画 「嫌われ松子の一生」を 公開初日に観ました。 撮影中の「悪い」やりとりが 先行した感がありますが 初日の舞台挨拶で和解したとか? 物語は 「川尻松子」と言う女性の 昭和22年から平成13年までの 一生の人生物語。 53年間の波乱万丈を 時におかしく、時に虚しく 時に仰天な映像で 一機にみせてくれます。 ほんと「笑顔」あり「涙」ありの 人生は、観客にも痛感に伝わってきます。 「シリア... [続きを読む]

受信: 2006/06/04 02:44

» (今日の映画)嫌われ松子の一生 [Kozmic Blues by TM]
嫌われ松子の一生 (2006/日) Memories of Matsuko [続きを読む]

受信: 2006/10/05 22:31

« コニタン | トップページ | 『雪に願うこと』 »