« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

いまさらながら

人気と実力を兼ね備えていたのはフィギュアスケート女子だけだったのだな、と気づいたオリンピックも終わる。

やっぱり、冬の深夜放送は見難い。寒いし、眠いし。

荒川が優勝したのは生で見たけど、それは荒川に金メダルが授与された瞬間ではなくて、スルツカヤの点数が荒川より低いことが判明した瞬間を見ただけ。
時間の都合で一番大事な瞬間を見られず、なんか中途半端。
(ほとんど寝てたんだけど)

フィギュアに関していえば、何でコケなかった人がコケた人よりも点数が低いの?という疑問。ダイジェストで観たけど、村主の演技は完璧な気がしたけどな。

あと、小さくて華奢な、肉付きの少ない人がフィギュア向きだな。スルツカヤもコーエンも浅田真央も「フィギュア」体型だ。やっぱり回りやすい?

だから、フィギュア選手としては大柄な荒川が優勝したのは、快挙。圧巻だった。美しさの迫力があった。大人の魅力がある。

感動をありがとう、ではなく、選手の精神的・肉体的タフネスにただ脱帽。
すげーや、オリンピック選手って。

もっと、高評価してやれよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/23

ドッキドキ!GASEメール

永田、次男、3000万円、ライブドアで連想されるニュース。

自民党とライブドアは嘘でも晴天の霹靂でドキドキ。

民主党はガセの可能性にドキドキ。

他の人々は誰が悪いのかごく軽くドキドキ。

これが事実だとしても自民党だったら、時間切れで有耶無耶にするだろうな。
金もらってる可能性が100%に近いのに
「客観的事実として承知している」で逃げる。

なんで民主党は追い詰める寸前で墓穴を掘るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/22

『野田版 研辰の討たれ』

nec_0006.jpg
新橋演舞場に稚内より近いところに住んでいるので行ってみました。
歌舞伎を生で観るというのではなく、スクリーンで劇場中継だった。

観てて楽しい。
本物の歌舞伎は観たことないけど、少しは感じられた。


とにかく、勘三郎が凄く、藤山寛美が重なった。ずっと喋りっぱなし、動きっぱなし。その上、キレと滑らかさを兼ね備えている。観てて完璧。
でも、本人はこれでも不満で観せるのが恥ずかしいと言う。
なぜ勘三郎の思いを知っているかというと、本人が上映の前に挨拶を直々にしたから。
これは嬉しい。


〈ストーリー〉
元刀研ぎの自称侍、辰次が剣術使いの家老に恥をかかされたことの仕返しにちょっとした悪戯をする。あまりの驚きに家老は息を引き取るが、その息子たちは悪戯で死んだことを隠し、辰次に斬って殺されたこととし、息子たちは仇を討つために辰次を追い回す。辰次は騒動を起しながら逃げ回るがついに追い付かれる。辰次は家老の息子たちの自分を斬る刀を研ぎながら、自分の命のはかなさを紅葉に重ねる。息子たちは一度は辰次を見逃すが、仇を討つ。息子たちは仇を討つことができたが、剣術ができない辰次を斬ったことに人を殺したのではないかと思い始める。辰次の上に一枚の紅葉が舞い落ちた。


はかない話だが、7割は笑ってた。
歌舞伎としては邪道だと思うが、随所で魅せられたからオモロ。

これで2000円は安いな。


歌舞伎の可能性は限りなく広い。

歌舞伎座、行こっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/21

ピン!

R-1ぐらんぷり2006


オモロ。


ミニ講評を。

友近 
プロ意識があり、笑いの少なさに関係なく堂々と披露。逆に言えば完全な自己満足。優勝は難しいか。

バカリズム
「トツギーノ」オチがわかっているのに笑える。実力か。しかし、シュールタイプは賞レースには不向きかな。テンションの高低の差がつけにくいから。

中山功太 
去年とネタ構成が同じ。あえてこの構成を選んだのだろうが、どうもしっくりこない。「チェケラ~」で一時的な笑いは取れるが、全体的な流れがない。

キャプテン☆ボンバー 
賑やかし。

あべこうじ 
見終えた後は優勝に一番近いと思った。強引ではなく、心地良く引っ張ってってくれる。もうチョイ。

浅越ゴエ 
巧い。構成がしっかりし、きちんと笑いをとれる。実力者。

岸学 
声を出して笑える。個人的にツボ。ネタの終わり近くでネタが飛んだみたいだけど、まあよい。キャラとネタの合致の勝利。

博多華丸 
優勝。完璧。あいうえお作文中に歌の展開で失敗したかと思いきや、「そのとおり!」で得点。「う」「え」「お」でつかみは完璧。


生放送を観た。
せっかくの日曜日の午後を家でひとりで笑ってるのは傍から見ると寂しいか?
楽しかったならいいのだ。

そんなことより、レベルが上がっていることに満足。

M-1⇒R-1という笑いのガチレースは楽し。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/16

50インチ!

京都大学(京都市)で先月、男子学生4人が付属図書館視聴覚室「メディア・コモン」の大型テレビ(50インチ)でアダルトビデオ(AV)を視聴していたことが16日、分かった。図書館は後日、「他人の迷惑になるような資料の視聴を禁止する」などの告知を掲示したが、学生の特定ができず処分はしていない。

 図書館によると、1月20日午後7時ごろ、女子学生が1階カウンターに「3階のメディア・コモンでAVを見ている学生がいる」と通報した。職員が駆けつけると、男子学生4人が持ち込んだAVをテレビに映し、ソファに寝転びながらヘッドホンで視聴していたという。テレビ画面はガラス越しに廊下からも見える状態だった。

 職員は視聴をやめさせ、学生証で京大の学生と確認したが、学生証のコピーなどは取っていなかった。同30日、同様の行為は今後「入館停止処分等の適用対象とする」などの告知を掲示した。

 メディア・コモンは04年5月から運用を開始。50インチテレビとソファ2セットのほか、小型テレビなどがある個人ブース32席があり、私物のビデオ、DVDを持ち込んで自由に視聴できる。図書館の大埜浩一事務部長は「予想もしない事態で驚いた。『AVは禁止』と告知しなければいけないのか。教育以前の常識のはずだが」と困惑している。【奧野敦史】

毎日新聞 2006年2月16日 20時19分


他の記事もあったけど、リアルで下品すぎるのでこちらを。

たまたま、元アメフト部員の事件の後だから
「京大、エロ!」
のイメージがつくかも。

向こうは犯罪。

こっちだけみると、京大生の自由さに軽く呆れる。

でも50インチでAV見たくなる気持ちはわかる。


「京大、エロ!」いから、京大進学を諦めた受験生出てきたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コント?

福岡県筑後市の県警筑後自動車運転免許試験場(徳永政治場長)で1月、県交通安全協会の男性職員(68)が免許更新の講習中に誤ってアダルトビデオを流していたことが分かった。試験場を管理する県警運転免許試験課は「信じられない話で恥ずかしい限り。再発防止に努めたい」と話している。

 県警によると、1月15日午前9時半から始まった違反者講習で、講師の男性職員が啓発ビデオを流そうとしたところ、アダルトビデオの映像が流れ、数秒後に本来の啓発ビデオに切り替わった。

 約1600人が訪れ、九つの教室すべてで講習が開かれていた。啓発ビデオが足りなくなったため職員が持ち合わせていたテープにダビングしたという。テープにはわいせつな映像が収録されており、完全に重ね撮りできなかったらしい。【福岡静哉、岸達也】

毎日新聞 2006年2月16日 3時00分


コントでしか見たことないこと。
別に見たくはないけど。

よりによってAVの上に録画するとは・・・

オモロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある構図

ディスカウントストア大手のドン・キホーテは15日、「オリジン弁当」を展開するオリジン東秀の発行済み株式を買い増し、保有比率が46.21%になったと発表した。9日まで実施した株式公開買い付け(TOB)は不成立に終わったが、その後、市場で買い、過半数の取得を目指すという。オリジンに対しては大手スーパーのイオンが現在、友好的な買収者としてTOBを実施しており、オリジン東秀は「ドン・キホーテの買い増しは証券取引法に違反する」として、証券取引等監視委員会に申し立てることも検討している。  イオンのTOBは、期限の3月1日までに発行済み株式の過半数の申し込みがなければ不成立になるため、ドン・キがこのまま買い増せば、成功は微妙になる。  証取法は、市場外で株式の3分の1を超える買い付けを行う場合などは、買い取り株数や価格などを事前に公表するTOBを行うよう義務付けている。ドン・キはオリジン株の30・92%を保有する筆頭株主だったが、TOBに失敗したため、市場で買い付けた。同社は「法的に問題はない」と主張する。  しかし、対抗してTOBを進めているイオンや、オリジンは「ドン・キは(以前から保有する30.92%の)大半を市場外で取得しており、3分の1を超えるところだけ市場で取得したとしても、違法だ」と、ドン・キの動きを強く批判する。  金融庁は「市場の内外を組み合わせて3分の1を超えた場合は、個別に取引内容を確認しなければ(法律に抵触するか)判断はできない」との立場。また、市場では「透明性、公平性から問題がある」との声も強い。【三沢耕平】 (毎日新聞) - 2月15日20時39分更新

ニュースで見たとき思わず笑う。

ドン・キはオリジン弁当と東秀がそんなに欲しいのか!?

傍観するに、大して可愛くもない女の子が、がっつく男に言い寄られてるけど、好きじゃない。本当に好きなのはみんなに人気のある、おとなしい男。
という構図?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/02/11

淳、スタパにて。

10日金曜日の スタジオパークからこんにちは 
ゲスト 田村ロンブー淳

朝、テレビ版で見てからビデオ予約。
正直、面白かった。

オープニングの登場シーンとスタジオに向かう花道(?)は観てるほうが
恥ずかしくなり(この恥ずかしさを感じられないのがNHK)、
淳の場合もご多分に漏れず恥ずかしくも笑った。

大体この番組の展開としては、ゲストは番宣でしょうがなく出て、司会に聞かれたことを話し、時の過ぎ行くままに、この身を任せていくのが多い。

しかし、淳は違った。司会進行を妨げることなく、笑いをとり、自分の意外な一面を見せるなど、サービス精神に溢れていた。

ワタシの予想としては、PTAが選ぶ子供に見せたくない番組のMCとして傍若無人に振舞うか、司会者に身を任せるのだろうと思っていた。

だから、予想が外れたことに嬉しかった。

MCとしての経験と芸人として舞台で場数を踏んだことが如何なく発揮されていた。

巧い。


歴史好きと趣味に表れた意外な素顔。下品じゃない笑い。
先入観として視聴者が持っていた「悪淳」との大きなギャップ。
笑ったときの白い歯。

淳、人気出るぜ。


(「PTAが選ぶ子供に見せたくない番組」ランクは存在意義なし。あまりのアホさに言葉を失う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/10

ワタシを診断

まりむらはこんな奴で御座います。

男脳女脳診断 

中性的女性脳  (男脳度数:40%/女脳度数:60%)

あなたは、標準的な女性脳の持ち主ですが、同時に男性的な面も、いくらか持ち合わせています。どちらかと言うと、他人とのふれあいに喜びを感じる方で、洞察力があり、わずかな情報で物事を深く認識する事が出来ます。その一面、冷静で論理的に物事を考える事を苦手として一緒にいる人はもどかしさを感じることも。 努力次第で、男性的な考え方の理解や能力もえられます。


ついでにこっちも。

あなたの脳タイプ診断

あなたの頭脳タイプ <Ac型>

謹厳派実直タイプ

言葉にセンスがあり敏感なあなたは、今後もたくさん本を読んで知識を取り入れ、博学を武器に活躍できます。 外国語を習得してそれを生かすことも考えられます。言葉は人間の最大 の文化。文化をまるごと受け取って、良く理解した上で仕事に生かせたらあなたの能力は認められます。 史学・哲学・宗教学・心理学など言葉の理解を追求する分野で活躍でき ます。人を言葉で説得する仕事に、真摯に立ち向かってあなたは生かさ れるでしょう。

[相性判断]
◇あなたは、会社員でいることがあなたらしく成功していくことにつながる人です。あなたの物事に対する几帳面さを生かした書類などでアピールしていきましょう。又その力を必要としている企業で働くことです。 Bb、Ca、Cb、Cc型の上司の元で働くといいですね。

●あなたの知能領域(考えたり憶えたりする材料 )
あなたは、言葉の意味などを材料に
『概念的にとらえ』考えたり憶えたりする能力に優れています。

●あなたの知能活動(どのように頭を働かせるか)
『受容的思考型』
記憶をもとに考えるタイプ。 覚えたことを保持し、再生する力に優れています。

とのこと。
診断結果が正しくなるように診断結果のとおりに進んで「生きたい」と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

御懐妊

秋篠宮妃紀子さま(39)が懐妊されたことが7日、明らかになった。秋篠宮ご夫妻のお子さまは長女眞子さま(14)、二女佳子さま(11)に続き3人目。経過は順調で、出産は9月下旬から10月上旬ごろの見通し。男子が誕生すれば、皇位継承順位は現行の皇室典範上、皇太子さま(45)、秋篠宮さま(40)に次いで3位となる。
 皇室では1965年生まれの秋篠宮さま以来、男子が誕生しておらず、女性・女系天皇の是非をめぐる皇室典範の改正論議にも影響を与えそうだ。 
(時事通信) - 2月8日2時0分更新


はじめてこの記事を見たとき、「やるな~」と思った。

皇族の中では、重要な地位にいるにもかかわらず、秋篠宮さまのフランクさが好きだ。

皇位継承は2番目だけど、おそらく天皇になる確率は低い。
それに加え、秋篠宮さま自身の性格がフランクさを生み出す もと かもしれない。

大学のサークルで知り合った女性と25歳で結婚し、2児のパパ。
髭を蓄え、話しぶりも穏やかでユーモアに溢れ、奥さんに対する表情も愛情に満ち溢れている。

お二人の結婚式のとき、紀子さまが秋篠宮さまの髪を直す写真があったが、あの写真が、
二人の幸せな将来を映し出していた。

そして、今回の12年ぶりの懐妊。12歳離れ妹・弟ができたらそりゃ驚く。

ワタシら庶民の言葉でいうと、「ラブラブ」ですな。

おめでたい。無事な出産をお祈りしています。


(こんなおめでたいときに皇位継承、典範改正の話題とか出すなよ。水を差すな)

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2006/02/07

功名が辻④

功名が辻④観た。

申し遅れましたが、今年の目標の一つは大河ドラマ全部観るです。

副題「炎の中の抱擁」。

確かに抱擁してましたけど、早く逃げろよ。

そのあとの焼け爛れた不破家にて。
不破こと津川雅彦がドリフの爆発コントのメイクに似て、笑い。


放映に遅れ気味だけど、観ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/05

Lily at TR

TOP RUNNER  で リリー・フランキーを観る。

印象的だったのが、「職に就く」の話。

リリーは、特に職に就きたいとも思っていない。
プロに、職人になりたくない。
表現したいものがいちばんシックリくるもので表現しているだけだという。


最近まで「就職」というものに接していたけれど、職に就きたいじゃなくて、
職になりたいことがメインになっていることを強く感じた。

こんな名調子で伝えたいじゃなくて、アナウンサーという肩書きが欲しいのだ。

だから、就職業界があんなに盛り上がって、一大イベントになっているのだ。
ワタシはごく近くで見てて、感じて辟易した。

日本は出口より入り口のほうが重要みたい。
大学卒業よりも大学入学のほうがインパクトが強いのはオカシイ。
中退なんていう学歴は無意味だろ?


こんなこと言わなくてもわかっている人は多いと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『幻の藤十郎』

NHKスペシャル『幻の藤十郎』を観る。
73歳で231年ぶりに大名跡「坂田藤十郎」を襲名。
思わず見入ってしまった。

職業ではない、「藝」を極めるという姿勢にただ圧巻。

人間国宝が己に満足せず、進化し続けている。

こんな人と一緒にいたら、怠けられないな、と思うし、
歌舞伎が脈々と受け継がれていることにも納得。

あと、NHKだからできる番組
これがNHKの良さなんよ。
これを続けてほしいのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

『笑の大学』

DVDにて『笑の大学

眠い目をこすりながら、三日目の記憶は無いけど、観た。
笑えるとこは無かった。

ストーリーはしみじみ系。
大傑作というほどではないと思った。


続けて、『ラヂオの時間』
何回見てもオモロ。
あの緊迫感がたまらない。
皆でひとつの作品を作り上げるという感動が、よい。
(『THE 有頂天ホテル』ではひとりひとりがハッピーになるという話。だからなんとなく物足りなく感じる。)
三谷監督作品ではベスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/04

苦手なもの

ある物体をそのままにしておくことを

「放置プレイ」

と言うこと。


すべての人をSとMに分ける空気が蔓延してることを懸念。
なぜこれほどまでにSMに市民権があるのか?
家族にみんなで楽しめるSMか…
大いに疑問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/01

『風のハルカ』チラ見

うん、別所哲也の関西弁はないね。

MEGUMI はSで押していくのだろうか?
もうSでNHK朝ドラ出ちゃったから、こういうキャラで邁進するしかないな。

えっ、『風のハルカ』はどうかって?

全然ワカラン。


MEGUMI で検索したら これ、出ました。
間違いはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »