« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/04

深呼吸してみるんだ

深呼吸の必要』観た。

ハッピーエンディングってことはわかる。


タイトルでどんな映画かなんとなく想像してみるけど、想像と違った。

もっと、ずっとまったりしてるのかって想像してた。

かなりハードだよ、作業が。


ところで、
今、乗りにのってる若手は 長澤まさみ と 上野樹里 がツートップだと思う。
大女優になるのかな?


この作品には 金子さやか が出てる。
ミラクルタイプがいちばんオモロかったときメンバーやね。
いまはミラクルタイプの面白さが全然ワカラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/03

男って弱っ!!

ジョゼと虎と魚たち

この映画のツマブキみたいのがいまどきの大学生って言うのか?

作品自体より、池脇のヌードシーンで話題になった作品といえよう。
(あれ、何、巻き戻ししてるの?)


作品では、弱い男が顕わに。


原作は田辺聖子。読んだらコメントします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「いま、会いにゆきます」と獅童は言った。

観ちまった。
いま、会いにゆきます

こいつら演技じゃねえぞ、マジだぞって思ってみると観られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者 室井慎次

今、見てきました。『容疑者 室井慎次』。

踊る~シリーズは好きで、それなりに見てきたけど、この作品がいちばん
ストーリーがしっかりしていたと思う。一本の筋が通ってた。

青島という絶対的存在で踊る~は始まり、
みんな(青島の周りだけではなく、視聴者も)感化されていくのだけれど、
青島の存在、いや、織田裕二の存在が大きくなりすぎて、
彼が格好良ければいいというのが今までの作品にあった。
つまりストーリーがあまりに青島崇拝になっていった。
自分がそれに軽く辟易してたのは確か。

でもこの作品は突っ込みどころが少ないのでストーリーがしっかりしていた
と感じた証拠かもしれない。

そしてキャラ立ちがいい。

レギュラーメンバーに加え、哀川翔と吹越満と八嶋智人と佐野史郎がかなり 嵌ってた。


ネタバレになっちゃうかもしれんが、
この映画は室井が捕まることで始まるということ。
(もちろん室井が懲役中で映画が終わることはない。)
ところで、室井はあの場面で事情聴取はできるのかい?

あと、新城はいちばんおいしいとこ持ってったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »