« 野球は好き? | トップページ | ぱす »

2004/11/11

血と骨 鑑賞

メンズデイという「よい」サービスを活用し、『血と骨』を見てきた。


   重い

というのが今の感想。

ココロに鉛をねじ込まれた感じがした。


ビートたけしも
「この作品は打ちのめされる感じで、見終わってトボトボ歩く妙な雰囲気になっちゃって」
と言ってた。

まだ見てない人、デートでは選択肢からまず外しといたほうが良いでしょう。


皆役にハマってて、特にビートたけしは秀逸。
今までも3億円事件の犯人とか大久保清とかやってたみたいだけど、
わるいやつがこんなにも表現できるとは脱帽。怖いぞ。恐ろしいぞ。


鈴木京香の老け具合もリアルだった。


そう、この作品はリアルだ。リアリティが貫かれとる。


先日、崔監督がこう言っていた。
いろんな監督が原作を読んで映画化すると手を挙げて、自分は後に手を挙げた。
でも、先に手を挙げた人がみんな脱落して、結局崔自分が作ることになった。
なぜ、彼らが諦めたのかというと、彼らは『血と骨』を民族や在日の問題として扱ったからだという。
しかし、この作品は家族の物語、父と子の物語、夫と妻の物語、男と女の物語なのである、と。

見終わり、その言葉を思い返すと、実感できる。


楽しい作品では決してない。

「良い」作品だ。


『血と骨』 サイトへ

|

« 野球は好き? | トップページ | ぱす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42938/1935994

この記事へのトラックバック一覧です: 血と骨 鑑賞:

» 血と骨 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
祖国朝鮮より一攫千金(?)を夢見て大阪へ渡った金俊平(北野武)。裸一貫で蒲鉾工場を経営し、家庭を顧みず愛人を作り、凶暴且つ強欲な主人公。後に蒲鉾工場をたたみ、金... [続きを読む]

受信: 2004/11/15 15:08

« 野球は好き? | トップページ | ぱす »