« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/24

 
タイトルは「はざま」と読みます。
そう、吉本新喜劇のカンペーさんの名字です。

別にカンペーさんが出てくるわけではないのですが、
気になったことを少々。


一昨日あたりでしょうか、ドラえもんの声優が五人まとめて交代する
ことが明らかになりました。

高齢が大きな理由かと思われます。

長い間ご苦労様と言って、これから思い出しが始まる。


以前、ドラえもんの映画が公開され、舞台挨拶がありました。
ドラえもん、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫が舞台挨拶。
正確にいうと、彼らのきぐるみがいて、後ろにおのおのの声優さんが立って
挨拶しているわけです。

この情景を思い浮かべてください。

違和感がない人は「おとな」です。

「こどもたち」はこう思うでしょう。

ドラえもんの後ろにいるおばさんはだれ?

こどもたちの中では ドラえもん=ドラえもん であり、
声優さんではないのです。
でも、だんだん ドラえもん=大山のぶ代 に気付く、というか
知ってしまうのです。

現実=アニメ が 崩され、現実とアニメの間を知ることになります。

これを知ったときは悲しいだろうな。


同じようなことが、ウルトラマンにも見られます。

横浜スタジアムでプロ野球が行われたある日のこと。
ウルトラマンたちが全員集合して、野球観戦を行うというイベントがありました。
総勢20体のウルトラマンたちが内野席でベイスターズを応援しています。


ここでも、違和感がない人は「おとな」です。


テレビの中のウルトラマンたちはみんなビルより高いのに
なんでおとなと同じサイズなの?


おとなたちはサービスとしているのでしょうが、夢と呼ばれる子供たちの
現実を壊す行為だと思っています。


ガチャピン、ムックを見習いなさい!!


こんなことを考えるのはガキだからでしょうか?


でもサンタクロースがいると信じたほうが楽しいじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/21

いちファンの皆さん


ふと思い出しで。

たしかNHK-FMのMUSIC SQUAREを聞いてたときだと思う。
その日はランキング形式でカウントダウンしていて、
何位かにポルノグラフィティがランクインしていた。


ペンネームが

「ポルノ大好き!!」さん
「ポルノ最高!!」さん
「好き好きポルノ」さん

の皆さんからリクエストされてました。


ポルノグラフィティ知らないおっちゃんが聞いてたらびっくりするわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアギター

先日のタモリ倶楽部はエアギターをやってました。

エアギターって知ってますか?
あなたは曲聴いてると、ピックを動かすような仕草を思わずしませんか?


それがエアギターの始まりです。

つまり、何も持たないで、ギターの弾くマネをするんです、ずっと。

想像すると、だんだん引いてきませんか?

実物を見ると、やってる本人より見てるほうが恥ずかしくなってきて注視できません。


以前、お昼のニュースでエンディング近くで流れるどうでもいいほのぼの系の
ネタ、じゃなくてニュースでエアギターの世界大会の様子が報じられて、それから
エアギターを見ることがトラウマになっていました・・・


でも今回見たのは、タモリ倶楽部だから。
「毎度お馴染み流浪の番組」ですからギャグとして見れるわけです。

クリス・ペプラーの司会で、
番組ではKISSの格好した39歳のパパや、首振りすぎで痛めている人、エアドラムなんてのもいました。


世の中にはこういう人もいるんだなぁ、と思い、これでエアギターは見納めだともおもいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/20

おとなの事情

金八見てますか?

ワタシは見てません。
見てないけど、金八が放送していることは頭の隅に
ちゃんとあります。

そんなこともあると、金八について調べてみたくなるのが
ネットやってる者の性でしょうか。

というわけで金八のサイトへ。

まぁいろいろ詮索し、当然のように3Bの生徒も覗いてみる。
すると座席順に写真があって、役名と名前と簡単な自己紹介を見ることができます。

ふと座席表を見ると、写真が抜けているとこが3箇所ほどあるのです。
ストーリー上、まだ画面に出ていないのかと思って、詮索を終える。


現在絶賛(?)放映中の「弟」も見てないけど詮索してみる。
当然のように役の連関図に目を通す。

すると、慎太郎役の長瀬智也の写真だけ抜けてる。


       なぜだ?


写真のなかった人の共通点、それは…

ジャニーズ事務所所属なんです。


ただの偶然か思いつつ、キンキやスマップの出演した番組、CDを探してみると、
一切写真が載せられていません。

事務所がらみの「おとなの事情」でそういうルールになっているのでしょうね。


ドラマなどの出演者紹介でたった1か所だけ写真がないと明らかに不自然。

この「おとなの事情」に気付くと不自然さに厭味が加わります。

おとななんだから、それくらい多めに見ればいいのに…


        金八   笑の大学   CDもこんな感じ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/15

ぱす

今日地元でパスポートの申請を行ってきた。

恥ずかしながら、今まで日本から出たことがない。
海外に行きたい気持ちは強いけど、金がない。
それに出不精もあり、適当な時期もなかったからかな。

来年あたり国を出てみようと決め、それならパスポートを
とらねばと決心。

必要なのは
・ 戸籍抄本
・ はがき一枚
・ 写真一枚
(・ 身分証明として運転免許などの身分証明書)
ですな。

これらを提出し、1週間以降に取りに行ってもらえるそう。

まだ行き先も日程も決まってないのに10年有効のもので申請。

申請はもっと厄介と思っていたので、拍子抜け。
意外に厄介だったのが写真。行く途中で撮ろう決めてたので
スピード写真機を探すが、こういうときに限って見当たらない。
30分も車回してやっと見つけ、変顔でパシャと。


海外旅行の連想で、
年明けの帰国ラッシュのニュースで、ハワイ帰りのガキが
「向こうも飽きたから、日本がいいや」
と話すのを聞き、殴りつけたくなる気分を思い出し怒り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/11

血と骨 鑑賞

メンズデイという「よい」サービスを活用し、『血と骨』を見てきた。


   重い

というのが今の感想。

ココロに鉛をねじ込まれた感じがした。


ビートたけしも
「この作品は打ちのめされる感じで、見終わってトボトボ歩く妙な雰囲気になっちゃって」
と言ってた。

まだ見てない人、デートでは選択肢からまず外しといたほうが良いでしょう。


皆役にハマってて、特にビートたけしは秀逸。
今までも3億円事件の犯人とか大久保清とかやってたみたいだけど、
わるいやつがこんなにも表現できるとは脱帽。怖いぞ。恐ろしいぞ。


鈴木京香の老け具合もリアルだった。


そう、この作品はリアルだ。リアリティが貫かれとる。


先日、崔監督がこう言っていた。
いろんな監督が原作を読んで映画化すると手を挙げて、自分は後に手を挙げた。
でも、先に手を挙げた人がみんな脱落して、結局崔自分が作ることになった。
なぜ、彼らが諦めたのかというと、彼らは『血と骨』を民族や在日の問題として扱ったからだという。
しかし、この作品は家族の物語、父と子の物語、夫と妻の物語、男と女の物語なのである、と。

見終わり、その言葉を思い返すと、実感できる。


楽しい作品では決してない。

「良い」作品だ。


『血と骨』 サイトへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/02

野球は好き?


「楽天に決まる」

この文字を見て誰もが「プロ野球」「新球団」「仙台」を思い浮かべるだろう。

ワタシがこの文章を書いたのは、日ごろから楽天を利用していて、
もう少ししたら覗いて見ることを表明しただけかもしれない。

でもそうには思えないほど野球で世の中五月蠅くなっている。


みんなそんなに野球が好きなのだろうか?

ワタシは18時周辺のニュースが嫌いだが、今日ザッピングするとほとんど
トップ扱いでこのニュースを流してる。ミーハーな時間帯ではブームが良くわかる。

いちスポーツがブームになることは虚しい。
4年に一度のオリンピックが良い例だ。


報道のアホさにも虚しい。
みんなゲーノージンの会見みたいにまとわりついて「思い」を聞く。
特に堀江貴文がターゲットになる。

「楽天有利と思われてますがどうですか?」

結果待ちで、楽天ライバルの彼に聞くの恥ずかしくないのか?

堀江は答える
「そんなの聞いてもしょうがないじゃない」

「思い」を聞く別の質問に対しても
「思いなんか聞いてどうするの」
と答える。

ワタシ自身堀江とはどんなに近しい間柄でも友人にならない自信があるが、
この受け答えと、新規参入にいちばんに名乗り出たことは非常に好感が持てる。


閑話休題。

会議会議できまったわけだけど、突っ込み箇所いっぱい。

・赤字で球団運営してるオヤジたちに正当な評価なんてできるの?
・若いやつらに口挟んでる暇あったら自分の球団立ち直らせないの?
・ヒアリングは不透明じゃないの?
・楽天のほうが自分たちに近いから選んだんじゃないの?
・こんな騒動にしたのはオヤジたちの責任じゃないの?
・堀江が怖いんじゃないの?

・野球がなんでこんなに特別なの?

最後に
みんなプロ野球そんなに好きなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »